my life as a teacher


勉強の4月&5月!

投稿日時:2017/05/16 12:04


今年のGWは、家族でお出かけすることもなく(^-^;
名古屋へ4日間かけて、児童英語教育に関する実習講義を受けてきました。











今はまだレポートと、実習ビデオの作成中なのですが、ここで改めて思うことは

子ども達に英語を教えるこのお仕事、とっても奥が深い。
指導法は年齢や習熟度別に分けて、また時代の傾向に合わせて柔軟に変化させなければならない。


約5年前、11年間勤めていた大手子ども英会話教室にまだいた頃は、何年も変わることのない会社のオリジナルテキスト(時代にそぐわないテキスト)をただこなす日々でした。
今も使用しているようですが(;´Д`)

会社に属す身であれば、疑問や反発心をもって仕事をすることはなかなかできません。
生徒さんの上達よりも、とにかくたくさんの生徒さんに来てもらうことが会社の目標であり、その目標に従って仕事をし、それが楽しく感じる時期もありました。

しかし、2、3歳だった生徒さんが6年生になり、発表会での実力を見たとき、愕然としました。
これでいいの?
これまでたくさんの労力を使ってお子さんを送迎してもらい、たくさん授業料をお支払いいただいているのに。
この程度でいいの??
と強く思いました。

外国人の先生がついていながら、この程度の英語力しかつかない・・・
どうしてなんだろう??


いま自分で教室を主宰して4年が経ち、この間に児童英語教育の先端を行く先生方に実際にお会いしてお話を聞くことで、その疑問が解決できてきました。

また、私が目指してきたものは正しかったと確信することもできました。
おもしろい!
このお仕事は難しいけど、とってもおもしろいヽ(^o^)丿
今年度は、もっとやる気のでる学習環境づくりに励んでいきたいと思います。








Powered by Flips