教室について


        "ABC"のご兄弟特典 
    ☆入学金   お2人目~半額(1,500円)
       ☆基礎クラス月謝  お2人目~月々500円割引
  (例:1人5,500円、2人5,000円、3人4,500

2016年11月 移転開校☆彡

2016年11月から、松ヶ枝公民館、此花公民館と田上での教室を1カ所に集約して開校しています。
場所は、金沢市芳斉1丁目。玉川こども図書館、玉川公園、中央小学校もすぐ近くまちなかの文教地区です。

施設は2階建て住居の1階部分に、専用の駐輪場、待合室、トイレ、教室を設置。専用駐車場はありませんが、近隣2箇所の提携駐車場の無料チケットを1時間(30分×2枚)分ご用意いたします。

教室の広さは約33㎡、畳20帖ほど。来春4月からはアドバンスクラスとして、実験や料理をとおした英語学習をはじめます。

「ABCこども英会話」基礎クラスの特徴

1.定員5名

ひとりの講師が、こまかく丁寧に子ども達に関れるよう、定員は5名。

振替のご希望は、+1名まで受付ます。

※2017年4月より。

2.振替レッスン

体調不良などで、やむ終えずお休みされた場合のみに受付をいたします。

レッスンの構成上、できるだけ同じ週で同じ学年のクラスでの受講をお願いしておりますが、定員の調整などにより異なるレベルで受けて頂く場合があります。

3.多読・多聴メソッド

【幼児クラス】

教材としてCD付の絵本12冊セットをご購入頂きます。レッスン構成は、絵本のストーリーを元に展開させています。無理なく楽しく英語の音やリズムが身に付きます。

4.フォニックス指導法

フォニックス ( Phonics ) とは?
英語圏の幼稚園や小学校などで子供達に「英語の文字と音の関係のルール」を教えるのに広く使われている教育方法です。フォニックス ( Phonics ) を習得すると、知らない単語も推測して正しく発音できるようになります。英語はたくさんの語源からきているので例外もありますが、全体の約70~80%の単語に適応することができます。

2才児の親子クラスから段階的に導入しています。

4.細かなクラス分け

【幼児】年齢ごとに細かく

幼児期の子どもは、年齢によってできることに差があります。

例えば、ワークシートの時間に"Take out your pencil, please"と指示すれば、年長児(5,6才)はササッと取り出せる子が多いですが、年少児(3,4才)は手先の器用さが追い付かず、時間がかかる場合があります。

子ども達にストレスを与えることなく、短いレッスン時間を有効にするためには細かいクラス分けが重要と考え、個々の能力を最大限に伸ばす環境づくりに努めています。


【小学生】学習歴や理解度によって

年齢により興味対象に違いがあるので、基本的には学年ごとにクラス分けをします。

しかし、学習意欲や理解に差が出てくる場合はクラスを分けて本人が学習しやすくなるよう配慮しています。

また、年齢に合わない先取り教育は子どもに負担をかけるので行いません。理解の早いお子さんへは蓄えた知識を使いこなすことに重視した内容にしています。

5.アドバンスクラス

CLIL(クリル)と呼ばれる学習法を導入し、英語で他教科(理科、社会、算数、家庭科)を学習します。

月1回、土曜日、90分のクラスです。

主宰者・講師について

柳谷 晶子(やなぎだに あきこ) 


約2年間オーストラリアのシドニーへ語学留学。
その後、ニュージーランドとアメリカへ幼児教育ボランティア生として参加。幼くから2ヶ国語以上を話す子どもたちの教育に触れる。

他社 こども英会話スクールにて11年におよび講師経験を積む。
また同英会話スクールの北陸エリアマネージャーとして
4県13教室、提携8園の統括業務や、講師の採用と育成指導などを行う。
長男の出産を機に退職し「ABCこども英会話」を開校。


はじめまして(*^^*) 私も英語子育て中です。

こんにちは。HPをご覧いただいてありがとうございます。講師の柳谷晶子です。
私には、現在5才の息子がおり、家庭でも一緒に英語に触れる時間を作っています(^◇^)

私は子どもが生まれる前からも、幼児教育に関心があり育児書などをよく読んでいました。実際に子どもが生まれてから、息子といろいろと試してみました。
英語教育で言えば、情報が入り過ぎで教材選びに失敗したり、子どもに英語で話しかけることを嫌がられたり、また日々の生活に追われて何もしない時期もありました・・・
でも今思えば、いろんな説があるけれど「やっぱり英語は早い方がよかった!」

しかし、英語なら何でもいいから与えればいいわけでなく、その子の年齢に合った興味関心がもてる教材や教室選びが大切。
そして決して強制ではなく、子どもにだけにやらせるものでもなく、親子で一緒に楽しめること。
そして、家庭では1日に少なくても1時間、英語にふれる。
これ、結構重要です!(^^)!

大変・・・(^^; 
でも、DVDや、歌CD、ゲーム、TV、絵本の読み聞かせCDなど、お子さんが好きなものでいいんです。できれば、大人の関与がなくても一人で集中できるものがいいです。
電子ツールを与えるのに、抵抗がある方もいらっしゃるかもしれませんが、これも立派な英語学習です。
その間にお母さんは家のことをしたり、ひと休みしてください。

そして次がポイント。見たものをお風呂の中や、布団に入る前、お散歩や車の中で一緒に歌ったり、フレーズを使ってみたりして、お子さんと共有する時間を少しでもいいので作ってください。
その時はお子さんに教えてもらうスタンスがいいですね。
 
その毎日の「コツコツえいご」時間を重ねていくことこそが、子どもの英語力が伸びる一番の方法だと、息子や生徒さんを通して実感しています!
毎日「コツコツえいご」を始めてからの息子は、自ら英語を話す機会がびっくりするくらい増えました!え!こんなことまで分かってたの?と驚くこともしばしば。
やっぱり子どもの能力は、大人の想像以上ですね。


お休みする日があっても、何事も継続、継続(*^^*)
楽しく、長く、みんなと英語を楽しんでいけたらと思います。


お問い合わせ

お子さんの英語学習経験や年齢に合ったクラスを
ご案内いたします。
教室の詳細についてお気軽にお問い合わせください(^^)


お問合せ:こちら
Powered by Flips